令和になって免許証の更新忘れ「うっかり失効」が急増中

「平成」から「令和」に変わって
運転免許証の更新を忘れる「うっかり失効」が増えているんだってね。

運転免許証 免許

運転免許証は「3年」「5年」毎に必ず1回更新手続きが必要なんだけど、免許証に記載されている元号が「平成」になっているから、更新を忘れてしまう人も多いというから、みなも気をつけてねぇ。

免許更新時期になるとハガキが届く

通常は「うっかり失効」がないように居住する公安委員会から「更新連絡書」が送られてくるから問題ないのだけど、引越後に住所変更をしていない場合はハガキは届かないから「うっかり失効」してしまう可能性が高くなる。

オイラは、前回ハガキが届いているから今年も届くだろうけど、念のため「うっかり失効」しないようにスマホカレンダーに登録しておいた。

免許更新を忘れてしまった場合

免許の更新は、更新年の誕生日の前後1か月間を合わせて2か月間で更新すればOK。

これを逃してしまったら、なんと「無免許運転」になるから注意だよ!!!

もちろん「無免許」の間に事故を起こしたら任意保険は適用されないし、重い処罰の対象になる。

正直、免許更新を忘れてしまったら、何か免許の提示でもしない限り気づきようがないだろうけど、運よく更新忘れに気づいてそれが半年以内なら各都道府県で指定された「運転免許センター」や「運転試験場」で新たに免許証取得のための申請手続きが可能。

6か月放置していたら免許は失効する

運転免許証の更新日から、半年以上もそのままにしていると免許の効力はゼロ。

そうなると
また初めから教習所やら試験場に行って試験を受ける必要があるから、忘れずに行きたいところだね。無免許で事故を起こしてしまったら被害者にも大変な迷惑がかかるから、面倒でもスマホのカレンダー機能でアラームなりプッシュ通知をしておくといいと思う。

基本的に運転免許証の有効期限から6か月以上経過してしまった場合は、失効してしまうのだけど、条件( やむを得ない理由 )が整えば免許証の再取得が可能とのこと。

免許失効 やむを得ない理由

やむを得ない理由で免許を失効してしまった場合には、「やむを得ない理由」が終わった日から数えて1か月以内に、必要書類を揃えて申請すれば学科と技能試験が免除されるから、該当する人は今すぐ動いた方がいい。

入退院によるもの要診断書
海外に長期滞在していた場合スタンプが押されたパスポート。
※自動ゲートではスタンプは押されないので
ゲート通過時にその旨伝える必要あり。
※スタンプ無しで出入国手続きをした場合は
法務省から出入記録を取得
身体を拘束されていた方在所証明書など
遠洋漁業など乗船証明と船員手帳
公安委員会事情失効理由説明

念のため、運転免許証の有効期限を確認してみた方がいいかもね。

もしかしたら今月が更新月かも!?

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。