医療機関でも不足している「N95マスク」の再利用の方法ってあるの?

N95マスクは、オイラも使っていて、混雑する場所に行くときは「N95」、普段使いは「不織布マスク」と使い分けているんだよね。

↓ ↓ ↓ それがコレ

N95マスク

N95マスクというのは、アメリカの労働安全衛生研究所の規格をクリアした微粒子用のマスクのことで、はじめは少し息苦しさを感じるかもしれないけど、慣れれば問題ないし、安心感は格段にアップする。

ちなみに個包装はされていないので、小分けにする場合は、ジップロックやビニール袋に入れればOK。

ちなみに「N95」マスクは、ドラッグストアやスーパー等で見つけるのは困難。Amazonも、N95マスクが不足しているからか、現在は医療従事者のみに販売をしているから、ゲットしたい人は楽天で購入してね。(2021年1月現在)

少し割高だけど、医療機関でも使われている高機能マスクだから、持っていても損はない。家族の分も含めて10枚くらいGETしておくと安心かもね。

↓ ↓ ↓


N95に関しての詳細は下記を参考にしてくださいね。

高機能マスク「 N95 」と「 KN95 」の違い

本来は使い捨ての「N95」マスクは再利用できるのか?

ドラッグストアやコンビニ、スーパーなどで売っているマスクは、普通に洗って再利用する方法が明記されていたり、洗い方がネットに出ているけど、「N95マスク」はどうなんだろ?

少しお高めマスクだから
ちょっと調べてみたよ~。

一応、近所で市販されているマスクも「洗えるもの」と「洗えない」ものがあるから、気をつけてねぇ。

↓ ↓ ↓

布マスクの洗い方。「洗えるマスク」と「洗えないマスク」の違い

さてさて

N95マスクの再利用方法だけど、
N95の性能を落とさない重要項目のひとつに

マスクの形状を損なわないようにする

がある。

密着性が失われてしまうと、

マスクとしての防護性能が低下してしまうからね。

だから

洗濯機で洗うなんてことは出来ない、しない方がいい。

じゃぁ、何がいいのかって話になるけど、
N95マスクの形状を維持したまま自宅で殺菌消毒する方法としては

なんと

「電気炊飯器がいい」

という結果が。
アメリカのイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究チームによって発表されている。

もちろん実験が行われた結果であって

コロナウイルスを含む4種のウイルスが高い精度で除菌されることがわかっているので、試してみたい方は、下記に注意して洗浄してみてくださいね。

※基本的に「N95」マスクは再利用を考慮されていなかったため、下記方法はあくまでもコロナ禍における ”例外的な取り扱い” なので、ご理解の上、お試しください。

炊飯器による除菌・洗浄の方法

1.乾燥したタオルを炊飯器の内釜に入れて、その上にマスクを置く。内釜に触れないのであれば、複数のマスクを入れてもOK。

2.炊飯器には水を入れずにセットする

3.温度100℃以上、時間50分以上の過熱が条件。炊飯器によっては、無水による設定ができないので、要確認。マルチクッカーでも可。

その他の方法は・・・。

5枚のN95を取り換えながら使う

1.5枚のN95マスクを5日サイクルで毎日取り換えて使う

これはコロナウイルスが死滅する期間を考慮した方法で、使っていない4つのマスクは通気性のよい清潔な場所で個包装をして保管しておく

厚労省のホームページに「 N95マスクの例外的取扱いについて 」も告知されているから、興味のある人は一読しておくといいかも。

それと

コロナ感染症病棟などで使われている「N95」マスクというのは、マスク素材に含まれる原料に静電気が飛沫をとらえてウイルスをシャットアウトする仕組みになっている。

マスク消毒の際、アルコールの噴霧や煮沸、高温高圧下で行う除菌で、静電気効果が低下してしまうのが問題となっていたんだけど、昨年末にN95マスクの洗浄後に低下した静電気を復活させる新しい再利用方法が発表され、期待されている。

まぁ、静電気を復活させる技術というのは、一般の人はしばらく考えない方がいいだろうから、最初に取り上げた「炊飯器洗浄」か「5枚のN95マスクを取り換えて使う」が現実的かなぁって思う。

それでは。

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。