高機能マスク「 N95 」と「 KN95 」の違い。

今回は、高機能マスク「N95」と「KN95」の違いを記しておこうと思う。そう言えば、一般に使われているマスクの供給がだいぶ落ち着いてきたようで、

楽天では

マスク 50枚入 1,140円(税込)在庫あり・配送無料

という価格で販売されている♪(2020年11月18日現在)

と言っても何があるか分からないから、1箱でもGETしておくと安心だよ~。

N95 マスクとは

さてさて
今回取り上げてみた「 N95 」マスクというのは、アメリカの NIOSH ( National Institute of Occupational Safety and Health )が定めた規格に合格したマスクのことで、「N95」と表記されたものは高性能マスクなのだ。

「95」という数字は、普通のマスクフィルターでは通過してしまうような小さな粒子状の物質(0.3μmの粒子)を95%以上捕集できたことを意味している。ウイルスを含んだ飛沫の侵入を最小限に抑えることができるマスクだから、医療施設などでも使われている。

日本では、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザや結核菌の対策指定品の一つとなっている。

元々は製造現場や建設現場で使われていたものが、PM2.5や結核、SARSなどにも効果があったことから医療現場でも使われるようになったらしい。

ちなみに「コロナウイルス」は、ウイルス自体は0.1μm以下なんだけど、水分(唾液)を含んだ飛沫となると、粒子の大きさは3から5μmになるそうだ。

粒子の大きさの目安だけど

・人の細胞 10μm
・花粉   30μm
・飛沫   3~5μm
・PM2.5  2.5μm
・細菌   1μm
・インフルエンザウイルス 0.1μm

となる。

↓↓↓ N95マスクに興味のある方はこちらからどうぞ。


正直「μ」という単位がわかりにくいね。
すごく小さいということはイメージできるけど。。。(苦笑)

飛沫が3~5μということは「 N95 」でなくても普通の家庭用マスクでも良さそうだけど。。。

KN95マスクとは?

KN95マスク」というのは、アメリカの「N95」規格に合わせて中国で開発された規格マスクが「KN95」となる。家庭用マスクとして販売されている不織布マスクよりもフィルター性能は高い。

現にアメリカも医療現場のマスク不足が深刻で「KN95マスク」を緊急輸入をしたほどだ。

アメリカの米食品医薬品局(FDA)は、中国製「KN95マスク」の有効性を認めてこなかったんだけど、「新型コロナウイルス」の感染拡大で米疾病対策センター(CDC)は「N95マスク」の供給が不足した場合、「KN95マスク」を代用品として認めるという決定をしている。

実際、2020年4月になると「N95マスク」の供給が追い付かず、中国製の「KN95マスク」の有効性を認めてこなかった 米食品医薬品局(FDA)も使用を承認する方針を明らかにして保険衛生の現場で使われるように。

使用から1か月(2020年5月)もすると、米食品医薬品局(FDA)は中国製マスク「KN95」に不備が見つかったとし、緊急使用を認める決定を撤回

一部(14社)のマスクを除き、中国製マスク(約60社)の製造、輸入、販売の許可を取り消している。なにやら検査でろ過基準を満たさないマスクが大量に見つかったそうだ。

まぁこれから10年後の中国製品は品質もアップしているだろうけど、今の中国製品であれば品質に問題があっても不思議はない。

アメリカもマスクが不足していて「無いよりはいい」という考えでとにかく大量確保に走ったのだろうね。

中国製マスクの品質問題だけでなくアメリカの3M社による「N95マスク」の生産力が上がってきたことも背景にあると思う。

N95マスクは必要か?

いろいろな情報がネットに転がっていて、どれが正しい情報か判断が難しいところだけど、市販の家庭マスクは防寒や花粉、風邪対策だけでなく、装着をしっかりすればウイルスやPM2.5にも有効なことが NHKのサイト に書かれてた。

家庭用マスクは、繊維シートが複数枚重ね合わせられていて、すき間が複雑に入り組んだ状態となっているから粒子を捕集してくれる構造になっている。

ただ家庭用マスクも正しく装着しないと意味がないから、よく言われている” マスクの正しい着け方 ”を書いておくよ~。

1.自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶ
2.すき間を無くす。

鼻、ほほのすき間をできるだけ無くして、アゴまでかかるように装着する。

たったこれだけで粒子97%以上をカットできるという結果が出ているから、ぜひ忘れずに実践してみて。一般的な利用であれば家庭用マスクで十分なのかもしれないね。

そうすると日常使用で「 N95マスク 」は不要ということになるけど、家庭用マスクを正しく装着する自信がない人は「 N95 」を試してみてもいいかも。

というのも

N95マスク」と「家庭用マスク」というのは作りが異なっていて、フィット感が明らかに違うんだよね。

下の写真をみてほしいんだけど、上が「 N95 」下が「家庭用マスク」。

N95 」は少し先端がとがった感じになっていて、顔の大きさに合わせて調整ができる”ひだ”が付いていない。鼻部分のワイヤーは家庭用と同じ。

N95マスク」は装着すると自然と顔にフィットする感じで「家庭用マスク」のような調整がいらない。

粒子の侵入を防ぐために繊維が細かく作られているから初めて使うときは少し息苦しく感じるかもしれないけど、”ひだ”の調整が面倒な人は「N95」がおすすめ。

オイラは使い分けていて、近所に買い物のときは市販の「家庭用マスク」、電車に乗って移動のときは「N95マスク」を着けている。

これに似た形の「家庭用マスク」もあるから「N95」と間違えないようにね。

先ほど紹介した中国製の「KN95」に関しては、フィットテストが行われていない低品質のものが出回っているようだから、できるだけ「N95」をGETしておいた方が無難かも。

マスクも大事だけど、感染しないための予防策も確認しておこう!

厚労省が挙げている5つの感染防止策。

1.対人距離の保持
2.手洗い
3.咳エチケット
4.職場の清掃・消毒
5.定期的なインフルエンザワクチンの接種

新型コロナウイルスのワクチンは開発されていないから、5番のワクチンの接種は出来ない。早く開発されてほしいね。。。

「N95」をお探しの方は、下をクリックしてみてくださいね。


    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。