潰瘍性大腸炎とクローン病のちがい

 

潰瘍性大腸炎もクローン病はどちらも腸に炎症を起こす病気(炎症性腸疾患)で、人によって差はあるものの下痢や下血、腹痛、発熱などが発生する。





炎症性腸疾患は3つにわけることができて

1.急性で原因が明らかなもの ⇒ 感染症や虚血性の腸炎、薬などによる腸炎

2.慢性で原因が明らかなもの ⇒ アメーバによる腸炎や腸結核

3.慢性で原因のわからないもの ⇒ 潰瘍性大腸炎とクローン病

 

最悪のセットと言える「慢性」で「原因がわからない」の3番・・・

これが潰瘍性大腸炎とクローン病。

クローン病は10代~20代の若者に多く高齢になってからの発症は少ないらしい。潰瘍性大腸炎は、幅広い年齢層に見られる病気で、高齢になってからも発症する病気。

 

原因が分からないというのがやっかいだよな。

根本原因が分からなければ、治療も対症療法になってしまうわけで、普通の人の3倍~10倍以上もトイレに行かなければいけないからホント「トホホ・・・」って感じなんだよね。

 

潰瘍性大腸炎とクローン病はどちらが大変かというと、クローン病の方が大変そうな気がするけど、症状は個人差があるし、オイラは医者じゃないから正確には言えない。

まぁ、どちらも大変だろうね。

 

オイラは潰瘍性大腸炎で、クローン病を経験したことがない。

炎症の部位だけで比べると、クローン病は口から肛門まで消化管の部位に潰瘍や線維化が起きる、潰瘍性大腸炎は、肛門から大腸、小腸に炎症が起こるもので部位的には短い。

炎症の起こる部位が長いか短いかで、どちらが大変かを決めるのは安易すぎるから止めておこう・・・。(;^_^A ・・・

 

■治療法

クローン病・・・外来の場合は、ステロイド内服や顆粒球除去療法などが行われる。入院をして治療をする時は、絶食と静脈栄養という高カロリーの点滴で腸に負担をかけないようにしたり、栄養剤で必要を栄養を摂取する方法がある。これらの内科的方法での治療が困難な時は、手術療法が必要になることもあるそうだ。

 

潰瘍性大腸炎・・・外来の場合は、軽い場合は腸に抗炎症効果の高アミノサリチル酸製剤(5ASA)やステロイド内服などを使用する。症状が重い場合は、クローン病と同じように絶食をしながた高カロリーの点滴をするなど腸の安静をはかります。また内科的治療にて効果が見られない場合は、外科治療も行われる。

 

オイラは薬が効かなかったから、途中から服用する量を勝手に減らしてしまったけど、とにかくストレスを減らす努力だけはやめなかったかな。

 

オイラと同じようにストレスが大きな要因と考えている人は、下の記事も併せて読んでみてね。

潰瘍性大腸炎 ストレスを減らすことも治療法のひとつ!

それじゃまた!

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。