息子の質問「いただきます」「ごちそうさま」ってどういう意味

 

御飯を食べる前、食べた後はしっかり「いただきます」「ごちそうさま」を言う息子。

 

食べる前に

「いただきます」

と息子が言った後、オイラも妻も無反応でいると

「いただきます」

ともう一度言う。(笑)

 

先日、

「なんで”いただきます”っていうの?」

と質問してきた。




「お肉もお魚も野菜も生きていたもの。”命”をいただくという意味があるよ」

「じゃぁ”ごちそうさま”は?」

「御飯を作ってくれた人に対する感謝の気持ちだよ」

「そうなんだぁ」

 

息子が寝て、すぐにネット検索してみた。(笑)

 

おおよその意味は間違っていなかったけど、

「いただきます」は、その昔、神様へお供えものをするとき敬意を表すために食べものを頭の上(頂き)に持っていく習慣があったらしい。

それが「いただき(頂き)」「もらう」という意味で使われるようになったと書かれていた。

 

最近では、食材の「命」をいただくという意味と、育ててくれた人、獲ってくれた人に対する感謝の気持ちも含まれているとのこと。

 

「ごちそうさま」は、漢字で書くと「御馳走様」となる。

「馳走」は”駆け走る”という意味があって、昔は食材を仕入れるために馬を走らせることもあったそうだ。それに「御」と「様」を付けて丁寧にしたものが「ごちそうさま」となっている。

 

馬を走らせるというのは、それなりに地位のある人だっただろうから、そういった人にお呼ばれをしておもてなしを受けた人がお礼の言葉として発したものかもしれないね。

 

息子の質問は親にとっても復習になるし、新しい発見になるからありがたい。

次はどんな質問をしてくるか楽しみだ。

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。