最近の研究でわかったコロナの5つの特徴。あと2~3年はこの状態が続く?

新型コロナ COVID-19

コロナの収束が、あと2~3年かかるという専門家の意見が増えてきたなぁ。

この状態が2~3年も続くのかぁー、たまらん。

いろいろ個人的に計画していたことも全て白紙だね。
まぁこんな状況だから仕方がないと言えば、仕方がないけど・・・

んー、ざんねんだ。。。

とりあえず

BBCのニュースで「最近の研究でわかった5つの特徴」が公開れていたから、参考にしてなぁ。

最近の研究でわかった5つの特徴

1.コロナウイルスは、当初想定よりも長く空気中にとどまる

コロナウイルスへの感染は「せき」「くしゃみ」等の飛沫だけではなく、ウイルスはエアロゾルとなって、当初想定よりも遠くまで運ばれる。

「どれくらい遠くまで移動するか」「どれくらい長くとどまるのか」は明記されていなかったけど、部屋の換気は常にしておいた方がよさそうだね。

エアロゾル・・・気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体をいう

2.他人と2mの距離を空ければ安全というわけではない

ウイルスの性質から身を守る距離として2mというのは、十分ではない。

これは1番の「想定よりも長く空気中にとどまる」ことが関連しているんだろうね。

3.多くの感染者が無症状あるいは軽症で気づいていない

感染者の25~80%が無症状であることから、小さい頃に受けたワクチンで何らかの保護作用が働いていて、コロナウイルスへの免疫が機能している可能性がある。

感染者の多くが無症状ということは、まだまだ感染を広げる可能性が高いということだね。

4.コロナ感染で重症化すると血栓や臓器へのダメージが大きい

COVID-19に感染して重症化すると血栓や臓器へのダメージが大きくなる可能性がある。

心血管疾患、糖尿病、高血圧、重度のぜんそく、慢性肺疾患、慢性の呼吸器疾患などの疾患を持つ場合は、注意喚起されている。

5.コロナは心の健康や身体の他の部分の健康にも深刻な影響がある

イギリスの国家統計局の調査によると、コロナ流行が始まってから「うつ病」患者が倍増したとのレポートもある。特に若い人や女性、身体障がい者への影響が大きいようだ。

こうなると新型コロナウイルスの性質から、本当は物流も止めないといけなかったんじゃないの?って思うよね。

ほんとうは物流も止めないとダメなのかもね

コロナウイルスは、プラスチックやボール紙(段ボール)に付着してから最大24~72時間生存すると言われているから、Amazonやら各種フリマ(メルカリ、ヤフオクなど)で届く商品も感染リスクを高めていると言えるよね。

マスクの徹底や、外出を控えるなど施策は打たれているけど、コロナウイルスが何日間も生存するというのであれば、本当は物流も止めないといけないんじゃない・・・?

だって

段ボールなどで運ばれてくる商品は、人の手によって大量に移動をしているわけで、誰が感染していて感染していないのかなんて分からないからね。

せっかく外出もせず予防対策をしていてもネット注文をしていたら感染する可能性が出てくるということだ。

アメリカでは、届いた商品の消毒の仕方などが公開されていて、実践している人も多いと聞く。まぁ日本は他国と比べても感染者が少ないと言われてるけど。。。

最近の国内ニュースでどこで感染したか経路不明の報道がされていることがある。飛沫感染と比較すると可能性はだいぶ低くなるようだけど、物流や電車移動が関係しているかもね。

オーストラリアの研究機関では、コロナ最大28日間生存を確認

オーストラリアの研究機関の調査では、付着した素材によっては最大1か月も生存すると発表している。

コロナウイルスが1か月生存するって、
こりゃ驚きだね。。。

ただ紫外線でコロナウイルスが死滅することもわかっているし、オーストラリアの実験場所も特殊空間というか、暗い場所(暗室)で行われているから、実生活すべてに該当するというわけではない。

ウイルスが付着した素材コロナウイルス生存
プラスチック、ステンレススチール表面最大6日
ボール紙最大24時間
紙幣、ガラス表面最大72時間

コロナ禍でストレスもたまりやすい状況だけど、医療現場もひっ迫しているから、できるだけ外出は控えるようにした方がよさそうだね。

新型コロナ関連記事

高機能マスク「 N95 」と「 KN95 」の違い

【新型コロナ】厚労省発表の緊急性の高い13症状はコレ

「飛沫感染」と「飛沫核感染(空気感染)」の違い。コロナはどっち?

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。