Amazonのクラウドサービス「 AWS 」で大規模なシステム障害が発生。なぜかAmazonサイトは大丈夫(笑)

 

昨日(8/23)の午後1時くらいから

アマゾンが運営するクラウドサービス「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」で大規模なシステム障害が発生していたね。障害が発生して、昨日の午後6時頃には順次復旧が進んでいると発表されていた。




アマゾンっていうと通販サイトで有名だけど、売上高、利益率はこの「AWS」が稼ぎ頭と言ってもいいくらいの状況なんだよね。すごいよね。

 

Amazonの「AWS」は、価格も安くて多くの大手企業が導入しているクラウドサービス。

まぁカンタンに言うと「サーバー」で、ブログを書いている人なら、「X-server」や「CPI」「さくらサーバー」など、どこかと契約しているアレのこと。

 

Amazonの「AWS」は、Webサイト構築等でいろいろと無料で使えるサービスがあって人気は高い。

ユニクロやスマホアプリ会社、PayPay(ペイペイ)、会計ソフトのfreee(フリー)なども使っている。

 

ブログをしている人で身近なところでいうと、無料素材サイトの「写真AC」や「イラストAC」などもAmazonの「AWS」サービスを利用している。障害発生中は、一時的に使えなくなったと思う。

 

しっかしサーバー障害というのは本当にコワいよね。

以前にも、某大手傘下のサーバー会社が、契約している顧客のデータがぶっ飛んでしまったこともあるんだけど、それはそれは大変だったと思う。

しかもバックアップまでもが失われたとも聞いている。おそらく大手の契約企業には損害賠償が発生したんじゃないかなぁ。

 

担当者は冷や汗というか脂汗というか、全身の毛穴という毛穴から変な液体が出てきたと思うよ。復旧作業もうまくいけばいいけど、原因がわからず数日かかってしまうこともあるからね。

 

ただ面白いと思ったのは、Amazonのサイトは普通に使えてた(笑)

 

まぁ、「AWS」サービスが始まる前から運営しているし、あれだけ巨大なサイトだから、サーバーも独立してしっかり管理しているだろうけど、なんか笑えた。

 

まぁこうしてブログを書いている人たちも、サーバーのデータが飛んでしまうことも頭に入れながら、動いていた方がいいかもね。

すでにブロガーとして成り立っている人たちはバックアップを二重三重にして備えているだろうけど、何もしていない人たちは、これから検討しておいた方がいいと思う。

 

とりあえず

WordPressを使っている人は、プラグインのバックアップアプリで保存しておいた方がいいかな。心配な人は、自身のPC内にもデータを定期的に保存しておいてもいいかもしれない。

やり方は、今度記事にしてみようと思う。。。

 

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。