G-shock ってニセモノが出回っているんだってね。。。偽物の見分け方。

 

売れに売れてるカシオの「 G-shock 」。

オイラも PRO TREK をしていたことがあったけど、いまは時計もしなくなってる人が増えていると聞くけど、アウトドアブームもあって「 G-shock 」は売れているみたいやね。




ほんと壊れないし、あのタフさが男心をくすぐる。

欲しくて買った機能もほとんど使わないところもいいね。(笑)

オイラだけかな?

 

そんな中、世界各地で「 G-shock 」のニセモノが作られていて、市場に出回っているというから気をつけたいところ。

 

もちろんニセモノには、耐衝撃性能、防水性はない。しかも傷がつきやすく、汗への耐性もないため、壊れやすく変色しやすいようだ。

 

偽物の見分け方としては、

1.公式サイトでホンモノと比較してみる(外装や針、装飾、ロゴなど)

2.機能の確認(偽物は機能が搭載されていないことが多い)

3.キズが付きやすい(偽物は材質へのこだわりがないため、キズがつきやすい)

↑ 3番は購入前確認は難しいね

 

製造工場からの横流し品もあって、説明書などがコピーだったり、パッケージも簡易のものが出回っているようだけど、これらを偽物と言えるのかどうかわからないから、心配な人は、正規品取扱店で購入するのが一番だね。

 

防水対策をしてないニセモノは、水中に潜ると、時計が水族館に変わるみたいだから、試してみるといいかも。。。(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。