スルガ銀行の不適切融資1兆円規模でもツブれないんやね。。。

 

悪質だよなぁ~。

 

スルガ銀行の融資総額1.7兆円のうち約1兆円が

「書類改ざんなど不正行為があった融資」

「不適切な行為が疑われる融資」

になるそうだ。





「不適切な行為が疑われる融資」って、限りなくブラックなんだろうね。

預金通帳に記載された数字を改ざんして融資を続けていたにもかかわらず、新成銀行と提携して再建を目指すっていうんだから驚きだよね。

 

ルールなんていらんね、ほんと何でもありって感じ。

経済優先っていうのは、こういうことにも目をつむるってことだね。

まぁ、スルガ銀行規模のバンクが潰れたら、そりゃ大変だろうから分からないわけでもないけどさぁ。。。

 

ただこれから予想される世界経済の停滞とキャッシュレス化に備えて、銀行も再編が必要なのは明らかで、政府も地方銀行を含めた統合をいろいろ考えていると思う。

 

とは言っても

銀行っていうのは統合してからが大変で、権力争いでグチャグチャになるから難しいんだよね。

 

そういう意味では、今回のスルガ銀行のように立場の悪い銀行を新成銀行とくっつけてしまうのもバランスがとれていいのかもね。とにかく銀行同士の合併はパワーバランスを崩すしかない。

 

かなり前だけど

「三菱銀行」と外国為替専門銀行の「東京銀行」が合併して「東京三菱銀行」が誕生したよね。

その後、「UFJ銀行」と合併して「東京三菱UFJ銀行」になった。

 

表向き「東京銀行」を立ててるようにも見えていたんだよね。オイラは「三菱」というブランドが頭に配置されると思っていたから、少しビックリしたのを覚えている。

 

そしてH30年「三菱UFJ銀行」となって、

「東京」が取れて無くなってしまった。

やはりというか何というか「三菱」という名が先頭にきて、三菱グループの力を見せつけられたという印象。内部事情はわからんけど、ほんと合併のときはいろいろと線引き(権力争い)、駆け引きが大変らしいからね。。。

 

2000年に「第一勧業銀行」と「富士銀行」「日本興業銀行」「安田信託銀行」の4行が合併して誕生した「みずほ銀行」も最近まで派閥争いが続いていたというから、その根は深い。

 

話が逸れてしまったけど、

これから銀行の合併話があちこちで出てくるだろうし、大手証券会社や車業界の大合併もあるかもしれんよね。大きな会社に勤めることが全てではないけれど、潰せない、潰しにくい業種であればメリットは大きいなぁと感じる今日この頃。

 

ビジネスモデルの転換をしないといけないスルガ銀行も大変だろうから、

残高の少ない通帳持って融資のお願いしてくるかな。

 

もう遅いかっ。(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。