悪性のポリープか良性かを瞬時に判断。 AIの活用で正答率もUP!

 

医療業界もAIの活用が広がってきて、大腸のポリープ判定(がん)の正答率も高くなるようでうれしいね~。

 

大腸検査をしたことのある人は多いと思うけど、オイラも「 潰瘍性大腸炎 」だから最悪期は毎年行っていたんだよね。

 

その大腸検査で見つかるポリープには、ご存知のように悪性と良性の2つがある。

「悪性か?良性か?」




 

ベテラン先生なら9割以上の正確さで見分けられるらしいんだけど、経験の浅い医師だと7割程度に落ちてしまうようだ。これも平均値だろうから、5割を切る医師もいるのかもね。(苦笑)

だから経験の浅い医師が「悪性ポリープ」として切除していたものが、「良性」の場合も多いと指摘されている。まぁ良性のポリープを切除したからといって問題があるというわけではないけど、患者さんの負担が大きいよね。

 

今回開発された医療機器は、

大腸の内視鏡画像から早期がんなどをAIで判定するシステムで「正答率」は98%に達するというから驚きだ。実績のある専門医が診断した約6万枚の画像をAIが瞬時に判定してくれる。

 

今後、AIシステムが進化していってくれれば、医師も診断がラクになるし、誤った診断も減ってくれれば患者にとってもありがたいよね。大きい病院は待ち時間もすっごいしね。。。

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。