WebサイトにFacebookが表示されないときの対処方法

 

ホームページにFacebookのタイムラインを表示させたいと考えている人も多いと思うけど、実は、個人アカウントか法人アカウントかで、表示出来る出来ないが決まってしまうんだよね。

 

Facebook個人アカウント ⇒ タイムラインの表示できない

Facebook法人アカウント ⇒ タイムラインの表示ができる

 

法人アカウントの人は、Facebookのタイムラインを表示させることができるから、コードを取得して埋め込めばOK。

コードを取得するには、「 Facebook ページプラグイン 」にアクセス。」




 

下のようなページが表示されるから、表示させたいFacebookのURLを「facebookページのURL」に貼り付ける。希望の表示させたい幅と高さがあれば「幅」と「高さ」に数値を入力。

 

試しに個人のFacebookアカウントURLを入力してみたけど、やはり何も表示されない。。。

 

設定した内容に問題なければ、下画像のように、プレビューが自動生成されて確認できるようになっている。

↑ 表示されているサイズで良ければ、左下の青い「コードを取得」ボタンを押して、表示されたコードをコピーしてサイトに貼り付ければOK。

多少なりともHTMLの知識が必要だから、わからない人は頼んだ方がいいと思うよ。

 

法人アカウントでも、表示されないエラーが発生することがあるんだけど、その時は、Facebookの公開範囲の制限を確認してみるといいかも。

 

1.公開範囲

2.国別制限

3.年齢制限

 

上の一つでも制限をかけていたら、表示されなくなる。

国別制限に関しては、「日本」となっていてもダメで、海外のユーザーにも見れるように制限を解除する必要がある。

 

それと年齢も制限をしているようであれば表示されないんだけど、年齢制限をしないといけないFacebookページを運営している場合は諦めるしかない。

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。