潰瘍性大腸炎 他人のうんちで治す糞便移植療法

 

糞便移植???

なんか潰瘍性大腸炎とは関係なさそうなキーワードだけど、

何年か前から新しい治療法として研究されているものらしい。





日本ではまだ認可されていないけど、

実際に大学病院などでは手術が行われている。

 

なにをするかというと

他人の糞便から大腸菌を採取して、それらを患者に移植。

そうすることで大腸菌の状態を普通の状態に戻すというか、整えることができるのでは?ということらしい。

 

親族の糞便はDNA(遺伝子)が近いから、効果のほどがわからないということで、その他から・・・ということになる。

 

「えっ---、身近な人に依頼しにくい」

 

まぁ、そんなことは言ってられないわけで、旦那さん、奥さん、彼氏、彼女または非血縁ドナーの糞便を使用することになる。

病院側でも準備はしてくれると思うけど、どうなんやろね?

 

糞便移植療法は、

保険適用外だから費用が気になるところだけど、内視鏡検査の費用程度ということだから、べらぼうに高いというわけでもなさそうだ。

 

移植手術は、何度も試すことができるみたいだから、状況をみながら判断するといいかもね。

糞便移植をした患者さんの腸内細菌の多様性も増して、良い状態が保たれたという結果も報告されている。

 

どんな治療も個人差があるし、糞便移植も研究が始まったばかりだから不透明な部分もあるけど、新しい研究成果に期待したいところやね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。