潰瘍性大腸炎 駐車違反は出頭したら損するよ!

 

潰瘍性大腸炎の人は、やむを得ず駐車禁止の所に車を停めて、トイレに駆け込む人も多いはず。

 

病気に理解のある警察官や駐車監視員(通称:ミドリムシ)だったら許してくれる場合もあると思うけど、その可能性は低い。

だってトイレに行っている間に、いなくなってるでしょ?(笑)

 

↑ 通称:ミドリムシ(駐車監視員)

ちなみに「ミドリムシ」っていうのは、緑色の恰好をしているから、そう呼ばれているみたい。






それじゃ

駐車違反をしてしまって、車にステッカーを貼られてしまったら、どうすればいいの?

 

あなただったら

次の2つのうち、どちらを選ぶ???

 

1.警察に出頭する

2.出頭せず、違反金の仮納付書が届くまで待つ

 

真面目な人だったら「1番 警察に出頭する」を選ぶよね。。。

なんてたって警察から届いているものを無視できないからね~。

 

でもね

出頭は義務じゃないから、出頭しなくても大丈夫なんよ。

 

というより、出頭しない方がいい。(笑)

 

なぜなら、

出頭すると警察から青切符を切られて、しかも違反点数もおまけに付いてくるからね。

 

違反点数というのは、駐車した場所によって異なるんだけど、

1.駐停車禁止場所等  は 3点

2.駐車禁止場所等   は 2点

3.時間制限駐車区間での時間超過  は 1点

 

↑ なんと出頭しない場合は、これが無しに!

3点なんて切られたら、たまらんよ。

もしだよ、もしもまた

同じ駐停車禁止違反をしてしまって、合計6点になってしまったら・・・

 

「免停」だよ。

30日間の運転禁止!!!

 

 

「えっ?」って思うでしょ?

「出頭しない方がいい」ってことを知っているか、知らないかで大きな違いになるんよ。

ほんと正直者がバカを見るよな。。。

 

なんでこんなことが起きてしまうのか?

 

検索すれば、それらしい理由が書いてあるんだけど、イマイチ「ピッ」っとくる説明がないのが現状かな。

 

想像するに

2006年に道交法が変わって、駐車違反の取り締まりが強化されたよね。

警察官もミドリムシ(駐車監視員)もバンバンステッカーを貼っていくから、人によっては、点数がなくなって運転できなくなることも考えられる。そうなると地域によっては、生活もできなくなるし、車を使う仕事の人は生きてくこともできなくなる。

高齢化社会で、足の悪いお年寄りだって沢山いるわけだしね。

 

まぁその他、いろいろ考えられるけど、

一応、国民の生活も考えてくれての裏技のような気がしてるけど、どうやろね???

 

話を戻すけど

違反金というのは、出頭しようがしまいが、どちらも支払わないといけないわけで、これは素直に払えばいい。(納得がいかない場合は、支払わずに申立をすればいい)

 

ところが、

違反点数というのは、免許証のカラー(ゴールド、ブルー)にも影響してくるから、一応、頭に入れておいたほうがいい。

 

ちなみにブルー免許は、

” 更新前の過去5年間に交通違反を犯した者がこの免許証を取得することになる。”

と定められているから、

たとえば、5年の間に、1回の駐禁違反のみだった場合、「出頭する」か「出頭しない」かで、ブルーかゴールドの差が出るということなのだ。

※駐車違反の場合、回数は関係ない。

 

 

それじゃ

ゴールドとブルーの違いはなんなの?

ってことだけど、

 

・免許更新時の講習時間が短くて済む

・免許更新費用が安くなる

・免許更新期間が5年(ブルーは3年)

・自動車の任意保険が安くなる

 

上の4項目なんて、たいした費用(内容)じゃないって人は、特に気にしなくていいのだけど、

潰瘍性大腸炎の大多数は、収入の不安というものがあるはずだから、少しでも節約できるところは節約した方がいい。

 

まぁ、知ってる人も多いネタだけど、知らない人もいると思うからね。。。

 

だけど

いくらトイレに駆け込みたいからと言って、駐停車禁止のところに停めることは推奨できないから、できるだけコインパーキングまでがんばろうな。

 

もちろん難しいことわかってる (^▽^;)

 

その他の「 潰瘍性大腸炎 」体験記はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。