潰瘍性大腸炎 友人も潰瘍性大腸炎になってもうた。 Vol.1

 

実は高校時代の友人に潰瘍性大腸炎を発症した人間がひとりいる。

 

友人 : 〇〇(私の名前)の病気ってなんだっけ?

私  : 潰瘍性大腸炎だけど・・・

友人 : げっ、おなじだ。。。なっちまったよ。

 

今年発症したとの連絡があり、いろいろと話をしたけれど、

職場・プライベートではストレスをそれほど感じておらず、自分とは明らかに異なる状況のようだ。




 

本サイト「おなかがグー」の存在は伝えていないけど、そのうち見つけて

「あれ?」

と思うときがくるだろうから、そのときは声をかけてくれれば白状しようと思う。(笑)

 

話を聞くと症状は比較的軽い感じで、発症連絡から数か月後、寛解になったとの連絡が入った。

「もう普通の便になった」

「よかったなぁ」

あっという間に寛解となったようで、ラッキーな男である。

 

ところがである。。。

また1か月後に電話が鳴る。

彼は、車関係の部品をメーカーに供給する外資系に勤めていて、海外出張を年に5~6回こなしている。

 

今回は、出張中に再発したのだ。

 

帰国してから、しばらく安静にしていたら

またまた寛解になったとの連絡が入った。

 

私  : なにが原因だったんやろね?時差?お水?飛行機?

※原因不明の病気なので、もちろん回答は推測にすぎない。

友人 : わからん、お水には気をつけていたし・・・。

私  : どこの国?

友人 : 中国

 

上の話を3~4か月前にしたばかりだったが、

先日、再度連絡が入った。

 

友人 : また出張で再発した。今回はきつい。

私  : ありゃりゃ、日本にいた時と出張に行く前後になにか違いはあった?

友人 : いやぁ、わからん。考えてみるよ

私  : 今回はどこの国?

友人 : イギリス

 

とりあえず

出張前後の行動を確認してもらって、連絡をもらうことにした。

友人の場合は、明らかに出張が絡んでいるので、同じ症状で悩む人たちの有力な情報として役に立つこともあると思う。

 

連絡が来たらスグに記事にするからねぇ。

よろしく~。

 

その他の「 潰瘍性大腸炎 」体験記はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。