子ども用サッカーシューズの紐(ひも)はほどけやすい。

 

サッカーシューズは現在のもので2足目なんだけど、新調するときってテンション上がるんだよね。

新しいスパイクは、やっぱり嬉しいからね。

 

オイラは小学生のときはスパイクなし、中学生では当時1980円で売ってた安いスパイクをお小遣いで買っていたんだけど、一度だけスパイクの裏のポイント(ボコボコした突起)が交換できるスパイクを買ってもらって、メチャメチャ嬉しかったのを覚えている。

 

中学生にもなると

「これカンガルーの皮で出来たスパイクだぜー」

なんて声も聞こえてきて、1万円近くするスパイクを見せられたその時の光景は今でも思い出す。こちらは新調しても恥ずかしくてコソコソ袋から出してた。(笑)

 

だから息子には懐が許す限り買ってあげられるときは、気に入ったものを買ってあげてたいなぁって思ってるんだよね。

 

だけどメーカーに1点注文をつけたいことがある。。

以前、息子のシューズを購入した時にオイラのサッカーシューズも一緒に買ったんだけど、とにかく子供の靴ヒモがよくほどける。大人が力いっぱい結んでもほどけてくる。

妻のテニス用の予備ヒモがあったから、それを使ってみたり、いろいろ工夫をしながらやってみたけどダメで、最終的には、蝶結びをしたあとに輪っかの部分をさらに”かた結び”する方法になった。

 

その時の息子のシューズはアディダスで、蛍光色の黄緑色の紐(ひも)のタイプ。

これがまったくダメ。

ああいったものをミニゲームで使っていたら、試合に集中できないよね。実際、練習の後にミニゲームをやるんだけど、ヒモがほどけては結んでを繰り返していた。走っているよりも靴紐をいじっている時間の方が長かったかな。。。(あっ、大げさかも)

1年生なんてヒモを結ぶのが得意じゃないし、試合時間だって短いんだからなんとかしてもらいたい。

 

「蝶結びの後に輪っかの部分を再度かた結び」は、ほどくときに苦労するから、ほんとイライラしたものだ。

それじゃぁ、同じ日に買ったオイラの靴紐はと言うと、同じように蝶結びをしても問題なし。靴のモデルによってもヒモの種類が違っているのだろうけど、ココは大人と同じ品質のものを使ってもらいたいと思ったね。

 

とりあえず、

今回はアシックスにしてみた。

アシックス スパイク

黄色が似合っていたから、また黄色のスパイクを勧めたんだけど、

自分で「コレがいい」って言ったから、青にしてみた。

息子も嬉しそうで、終始ニコニコ顔。

がんばるんだよぉ。

 

話は変わるけど

↓↓↓ 最近のスパイクで気になっているのは、裏面のポイント部分(赤丸のところ)。

この下写真の所はいいんだけど、もう一枚の方・・・。

 

↓↓↓ この部分は先端が柔らかそうな素材が使われているんだよね。

足腰に優しい感じがするけど、とにかく減りが早い。前の黄色のシューズのポイントは全てがこんな感じ。足に優しいとか、いろいろ品質を高める意味もあるのだろうけど買い替えを促すビジネス的な要素も感じてしまう。

お店の人も最近のものは減りは早いと言ってたから、全体としてそういう流れなのかもしれない。少子化だし、物も売れなくなってきているから、仕方がないのかねぇ・・・。

 

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。