トミカ Zi:l (ジール) コロコロした姿がかわいいスバル360

 

コロコロした可愛らしい姿が人気のスバル360のミニカー。

1958年に、現在のSUBARUが開発した軽自動車で、「てんとう虫」の通称で親しまれた。いまでは実車をほとんど見かけることがないから、若い人たちは知らない人も多いのかなぁ。

 

スバル360ミニカーにはパトカーや郵便車、レースカー、消防など、いろいろなバージョンが今でも販売されていて、これまた人気のある一台となっている。

 

ジャ、ジャーン。

きょうの1台は、ジールというミニカーショップが特注した限定品スバル360。

ライトに目玉が描かれているモデルと目玉なしモデルの2種類が発売され、緑の屋根、タイヤホイールなど細部に渡り、魅力あふれるデザインになっている。

 

このジールのスバル360は、平成10年に発売されたミニカーで、目玉の色が黒、水色、紫の3種類がある。現在は販売されていない。

 

目玉付きのスバル360モデルは、なかなか中古市場にも出てこないので、欲しいと思ったら、すぐにGETしておいた方がいいかも。特に水色と紫の目玉カラーは、ほとんど出てこない。

自分もまだ1回しか見た事がないし、購入したくても高くてダメ・・・。w(゚o゚)w

 

ヤフーオークションやメルカリで検索をかけるときは

「トミカ ジール スバル360」

「スバル360 ジール」

で出てくると思う。面倒でなければ、

「トミカ スバル360」

と検索をかけて、ズラッーと一覧に出てきたスバル360を一台一台確認していけば見つかるかも・・・。

 

価格帯は、目玉なしが3500円~、目玉ありが7000円前後~。(2018年4月現在)

 

後ろからみたスバル360。

右ドアにはUFOと流れ星、左ドアには「Zi:l(ジール)」の文字が描かれていて、ポップなカラーもかわいらしい。ホイールも前輪と後輪のカラーも違って、センスの光る一品に仕上がっている。

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。