【YouTube】日本vsオマーン戦 長友の「ハンド」問題シーン。

 

わぉ、完全にハンドやな。。。

先日行われたオマーン戦は1-0で勝利したものの、前半戦終了間際にペナルティエリア内で守っていた長友選手が相手のシュートをハンドでブロック。





審判は気づかずに試合を続行。

いやぁ、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は準々決勝から導入されるということで、今回は長友のハンドは「神の手」になった。

当然、相手選手は激高してたけど、これもサッカー。

試合後は、長友もハンドを認めていて、

「VARがなくて良かった」

とコメントしている。

 

↓ 問題のシーンはこちら。。。

 

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。