【必見!YouTube】橋下徹氏が ” 高学歴ニート ” に語ったこと。

 

なぜかYouTubeのトップ画面に「 橋下徹 vs 高学歴ニート 」というものがあって、クリックしてみた。つまらなければすぐに消そうと思ったけど、これがなかなか面白くて最後まで見てしまった。(笑)

※YouTubeは記事の一番下に設置。

 

最近、橋下氏が発した下記コメントには疑問を持っていたけど、すべて同じ考えの人はいないし、重要問題であれば一般人には入ってこない情報を考慮しての判断もあるから違いがあっても仕方がないからね。

 

↓↓↓ 大阪が汚染水の安全性が確認できれば近海で流しますよ~と言っているんだよね。

「 福島の汚染水、大阪湾で流すのは費用がかかるので無理と言うのは実行力のないインテリの思考。まずは安全性の確認をして福島以外で少しでも流して全国民で負担する。その後東北や福島近海に。これが実行力」

↑ 福島汚染水の海洋放出に関しては国内だけの問題ではないから、オイラはもう少し慎重な議論が必要と思っている。「”インテリ”という言葉を使って、早う判断せぇ」と促しているようにも見えるけど、安全性の確認をしたところで、相手は放射性物質のひとつだからね。




「安全性の確認をして福島以外で少しでも流して全国民で負担する」

海に流すのであれば「全国民」ではなく「世界中で負担する」が正しいと思うけど、そんなことはありえない。

 

今後の懸念としては、「フクシマ」の事故で国境を越えた被害というものは、損害賠償訴訟を日本で裁くための手立てがないから、今後、海外で巨額の損害賠償訴訟が持ち上がってくる恐れがあるということ。

 

農薬、医療(薬)などは各国政府が定めたルールに沿って、市販するなり、使用が認められているけど、原発は国際ルールが定められているからね。事故レベルも国内が決めるわけではなく、世界基準に沿って決定することになっている。

ちなみに今回の福島の事故は「レベル7」で最大値。

 

しかも最近では「プラスチックごみ」の海洋への不法投棄が世界の問題にもなったばかりで、日本を含む14か国で持続可能な海洋経済を構築している最中。。。

その海に汚染水を流すという発想が生まれるということはちょっとズレてる気がするけど、政府としてかなり状況が逼迫しているのかなぁとも考えられる。すでに8年が経過しているけど、想像を超える困難な壁が立ちはだかっているんだろうね。

 

政府の状況を察した橋下氏がある意味、助け舟を出しているのかなぁ。

大阪都構想もまだ終わったわけじゃないし、これから政治の場へ戻ってくる準備というか、駆け引きという捉え方もできる。こればっかりは本人と話をしてみないとわからないから、あまり適当なコメントはしない方がいいかな。。。

政治家でもトップになっていく人たちは、対外的に発するコメントと内に込める熱いものとは異なる場合もあるからね。

 

松井大阪市長も

「政府が科学的根拠を示して海洋放出する決断をすべきだ。自然界レベルの基準を下回っているのであれば海洋放出すべきだ。政府、環境相が丁寧に説明し、決断すべきだ」

とコメント。

 

原発は建設されてから、かなり時間が経過していて世界中に寿命を迎える原発がゴロゴロしている。使用済み核燃料問題、同じような事故が発生した場合の前例にもなってしまう。

 

今まで気にならなかった「プラスチックごみ」が、近年大量に投棄され海洋汚染が深刻になっていることにも似てない?

プラスチックは目に見えるからいいけど、汚染水はわからないからタチが悪い。もし日本がそれを実行したら、世界中が汚染物質を海に流してもいいってことになるよね。

まぁ、海洋投棄をする前に米国にお伺いを立てているだろうけどね。

 

それに

将来、海外で発生するであろう巨額の損害賠償を考えるのであれば、安易な判断をするべきではないよね。それはオイラたちや子供世代が負担するんだからね。。。

 

まぁ話が脱線しすぎたけど、このYouTubeは

特に若い人は一見の価値ありだよ~。

 

橋下氏を見下すというか、バカにしていたような一部の高学歴ニートも顔色が変わっていくのがわかる。

全員には響かないだろうけど、100人に1人は人生が変わる、変われるかもしれない素晴らしい内容。

 

オイラも意見が違うこともあるから橋下氏のことを悪く言うときもあるけど、やっぱり橋下氏は頭の良さを感じるね。

答案用紙を埋めるだけの良さじゃなくて、瞬時に物事を判断する能力というか、会話中に言葉の先に見えてくる回答の導き方が的確だし、スピードがすごい。

 

それと弁護士時代に徹底して少年犯罪に力を入れていただけあって、年下の人との会話がうまい。それとテレビに出る前からガムシャラに物事に取り組んできた人が持つオーラというか、説得力がハンパない。

 

実行・実践してきた人の言葉には力があるね。

「さすが」

って思えた。

おすすめだよ~。

 

    

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、パソコン等で情報を集める空腹時にも似た日々の作業と潰瘍性大腸炎である私のお腹の具合をイメージして名付けました。