日産とルノーが自動運転でグーグル陣営に。

 

日産自動車と仏ルノーが米グーグルと自動運転による無人タクシーなどの配車サービスを事業化することを発表。

これで世界の大手自動車メーカーの自動運転を巡る陣営が固まってきたように見えるけど、独ベンツ、BMWがわかっていない。自社開発でがんばるんかなぁ??




 

グーグルは公道試験データが他社を圧倒しているから、今後も動きがあると思う。

というのも自動運転技術は公道試験データの量が重要で、ウエイモ(グーグル系)の自動運転AIが判断に迷う頻度は他社の4分の1から5000分の1という少なさ。

 

このウエイモ(グーグル系)の自動運転AIに近づきつつあるのが、米GMの子会社GMクルーズだ。先見の明あるソフトバンクの孫さんが投資した会社のひとつで、その額なんと2450億円!

そしてトヨタがソフトバンクに秋波を送り、新しいモビリティサービスの実現に向けて、共同出資会社を設立。

 

これも孫さんの懐の深さというか、ビジネスセンスに長けてると思うところだけど、かなり前に孫さんからトヨタに声をかけている。。。トヨタはそれを拒否してるんだよね。普通の社長さんだったら、

「何をいまさら」

と断る可能性もあると思う。

オイラはこれを聞いて「さすがやなぁ」と思ったね。

 

現在の陣営としては

1.米グーグル陣営には

欧米FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)457万台

英ジャガー 50万台

日産・仏ルノー・三菱自動車 1075万台

 

2.トヨタ陣営には

トヨタ 1059万台

ソフトバンクグループ(米GMの子会社GMクルーズに2450億円出資)

※GMクルーズは自動運転技術を持つGM子会社

マツダ (トヨタとマツダは資本提携)

 

3.米GM陣営には

ホンダ

 

4.米インテル陣営には

独VW 1083万台

米フォード 598万台

 

上の表からもわかるようにソフトバンクグループがGM子会社に投資をしているから、将来的には、GM、ホンダ陣営も同じプラットフォームになるという図式も成り立つんだよね。そうなると規模も大きくグーグルに対抗できるものになるかもしれない。

 

ただこればっかりは、規模が大きくても事故が多かったり、車が判断に迷って人を頼らないといけないことが多くなるとユーザーが離れてしまう。自動運転技術がグーグルだけになるのは絶対に避けた方がいいわけだから、とにかく走行データを増やして頑張ってほしいよね。

ABOUTこの記事をかいた人

「おなかがグー」の管理人シンメイです。日々の出来事や体験などを投稿していきますので、よろしくです。 ブログタイトルの「おなかがグー」は、潰瘍性大腸炎でもある私のお腹とパソコンやスマホで情報を集める日々の作業が、食欲にも似ていることから名付けました。